So-net無料ブログ作成
試飲会 ブログトップ

第二回「日本ワイン試飲会」in北九州 [試飲会]

今年で二回目となる「日本ワイン」に特化した試飲会が、下記の内容で開催されます。

IMG_20151014_0001 (452x640).jpg
(↑クリックしていただくと拡大します)


出展ワイナリーは30社以上。出品ワインは40種類以上!(予定)
これだけの数の「日本ワイン」が北九州で一堂に会する機会はそうはありません。
少しずつ様々なワインを存分にお試しください。

今回は、4ワイナリーから営業スタッフの方がお見えになります。
色々と詳しいお話を伺いながら、より深くワインを味わう、またとないチャンスです!

さらに、各地から届く出来立ての新酒♪あり!
日本固有品種「甲州」&「マスカットベーリーA」の特集コーナー♪あり!

と・・・昨年を上回る、かーなーりッ充実した内容となっております。お見逃しなく!


さて、この所がぜん盛り上がりをみせている「日本ワイン」ですが、
「国産ワイン」という呼び名とは、ちょっと違うニュアンスで使われています。
結構大事なポイントなので、ちょっとご説明を。ご存知の方はどうぞ素っ飛ばしてください。

そもそもワインとは、その土地の風土を表現したものです。
日本で栽培されたブドウで造られたものだけを「日本ワイン」と呼びます。

そんなの当たり前じゃん!と思うでしょう?

しかーし、日本では、海外原料(ブドウ、濃縮ブドウ果汁、ワイン)を使っていても、
国内で醸造、ブレンド、瓶詰めすれば、「国産ワイン」を名乗ることができるんです。

さーらに、流通している「国産ワイン」のほとんどがこのタイプで、
日本の風土を表現した、真の「日本ワイン」は2割ほどしかありません。

・・・これ以上そのことについて、何か述べることはしませんが、
これが、日本のワインが誤解や偏見を受けている要因の一つであるのは間違いないでしょう。


今回の試飲会は、いわゆる「国産ワイン」とは一線を画す「日本ワイン」のみが揃います!


北は北海道から南は九州まで。
全国でワインは造られており、近年その品質は着実に向上しています。

「日本ワイン」に込められた造り手たちの熱い想い・・・

そんな想いを感じながら、
「日本ワイン」ならではの繊細で奥ゆかしい味わいをお楽しみいただければ幸いです。
(注:ボクは主催者ではありません)


なんとなく「日本ワイン」に興味がある方も・・・
これまで「日本ワイン」を敬遠していた方も・・・
まったく「日本ワイン」を知らなかった方も・・・

そしてもちろん・・・「日本ワイン」が大好きな方もッ

この機会にぜひ♪


チケットのお求めは、当店でも承りますので、お気軽にご連絡ください。
093-521-3003 Wine Bar ゆのうえ


ご参加の皆さまに、新たな出会いと発見がありますように。


ちなみに当日は、「日本ワイン」を愛する者のはしくれとして、
微力ながら、ボクもお手伝いさせていただきます。会場でお会いしましょう。

第一回「日本ワイン試飲会」in北九州 [試飲会]

北九州では(おそらく)初となる「日本ワイン」に特化した試飲会が、下記の内容で開催されます。

IMG_20141022_0002_NEW_NEW (453x640).jpg
(↑クリックしていただくと拡大します)


出品ワインは30種類以上!
これだけの数の「日本ワイン」が北九州で一堂に会する機会はそうはないでしょう。
一杯あたりの量は少しにはなりますが、行く価値は十二分にあると思います。


さて、最近よく耳にするようになった「日本ワイン」ですが、
「国産ワイン」という呼び名とは、ちょっと違うニュアンスで使われています。ご存知でした?

そもそもワインとは、その土地の風土を表現したものです。
つまり、日本で栽培されたブドウのみで造られたものだけが、純国産「日本ワイン」です。

そんなの当たり前じゃん!と思うでしょう?

しかーし、日本では、海外原料(ブドウ、濃縮ブドウ果汁、ワイン)を使っていても、
国内で醸造、ブレンド、瓶詰めすれば、「国産ワイン」を名乗ることができるんです。

さーらに、流通している「国産ワイン」のほとんどがこのタイプで、
日本の風土を表現した、真の「日本ワイン」は2割ほどしかありません。

・・・これ以上そのことについて、何か述べることはしませんが、
これが、日本のワインが誤解や偏見を受けている要因の一つであるのは間違いないでしょう。


今回の試飲会は、いわゆる「国産ワイン」とは一線を画す「日本ワイン」のみが揃います!
(言うまでもないことなんですが、一応念のため)


北は北海道から南は九州まで。
全国でワインは造られており、近年その品質は着実に向上しています。

「日本ワイン」には、真摯な生産者達の日々の努力とワインへの熱い想いが込められています。

そんな想いを感じながら、
「日本ワイン」ならではの繊細で奥ゆかしい味わいをお楽しみいただければと思います。
(あ、ボク別に主催者じゃないんですけど)


なんとなく「日本ワイン」に興味がある方も・・・
これまで「日本ワイン」を敬遠していた方も・・・
まったく「日本ワイン」を知らなかった方も・・・

そしてもちろん・・・「日本ワイン」が大好きな方もッ

この機会にぜひ♪


チケットのお求めは、当店でも承りますので、お気軽にご連絡ください。
093-521-3003 Wine Bar ゆのうえ


ご参加の皆さまに、新たな出会いと発見があれば幸いです。


ちなみに当日は、「日本ワイン」を愛する者のはしくれとして、
微力ながら、ボクもお手伝いさせていただきます。会場でお会いしましょう。

国産ワインコンクール2013 公開テイスティング [試飲会]

8月31日(土)に、山梨で行われる
国産ワインコンクール2013 公開テイスティング
に参加することにしました。

よって、30日(金) 31日(土) は休業いたします。

ワイナリー訪問等の都合によっては、9月2日(月)まで休むかもしれません。
確定次第、お知らせいたします。

週末に休むっていうのは、非常に申し訳なく、かなり勇気がいることです。

でも、この経験はきっと、自分の為になるハズだし、
お客さんにとっても、有意義なことだと確信しています。

必ず、何かを得てきますので、あしからずご了承ください。

試飲会(2012/02/28) [試飲会]

またまた行って参りました。今回はリーガロイヤルホテル小倉にて。

今月はまさに「試飲会月間」でした。

・・・いやぁ、楽しかった。毎月こんなんやったらイイのに。

各インポーターの皆さーん!〃 ̄∇)ゞ
ここに・・・

案内くれたら、嬉々としてやって来て、ガッツリ試飲しまくっていくけど、
実際はあまり買わないアコギなワインバーのオーナーがいますよー! 〃 ̄∇)ゞ

もっと呼んでくれていいですよー! 〃 ̄∇)ゞ

って、そんなんやけ、あんまり声掛けてもらえんのやん・・・。 (´・ω・`)


ま、それはさておき。
今回は、フランス、オーストリア、ポルトガル、スペイン、イタリア、とヨーロッパのみ、約60種。

・・・全部イケるな。 ( ̄ー ̄)

というわけで、片っ端からテイスティング。
もちろん、飲んではいません。一応プロですから。 ( ̄+ー ̄)

一巡したところで、気になった15アイテムをもう一度テイスティング。
もちろん、飲みます。 !Σ( ̄ロ ̄lll)

飲まんとわからんです、ホントのところは。
というわけで、しっかり味わいます。お客さんの気持ちになって。

・・・「目覚めよバッカス」(笑)

バッカスのお導きにより、6アイテム入荷します!来月初旬予定。お楽しみに。

試飲会(2012/02/21) [試飲会]

福岡に行ってきました。
怒涛、まさに怒涛の一日でした。

なんせ、初の試みです・・・。



四時間で3件の試飲会を回るのは! !Σ( ̄ロ ̄lll)



総アイテム数、約470!!
さすがに、全部テイスティングするのはムリです。
よって、テーマを絞り込んで臨みたいと思います。
今回の目的は・・・あくまで、仕入れです。
勉強と称して、高いワインを飲んで悦に入る行為を自ら禁ずることにしました。エライッ!

1件目、ソラリア西鉄ホテルにて。
オレゴン・カナダ・ハンガリーの白、スペイン・イタリア・ボルドーの赤。
計40種ほどを試飲。
ブルゴーニュ、スパークリング、デザートワインには目もくれず、会場を後にしました。

2件目、ホテルニューオータニ博多にて。
こちらは、イタリー専門です。
土着品種のものを中心に、約50種を試飲し、会場を後にしました。

3件目、西鉄イン福岡にて。
雑誌に掲載されたのとか、春向けな感じのとか、色々特集を組んでくれているのですが、
それには、全く目もくれず、ひたすら気になるものだけを試飲。約40種。

よし、これでミッション完了!ということで、
ルイ・ロデレール・ブリュット・プルミエ(シャンパン)を景気よく飲み干し、 !Σ( ̄ロ ̄lll)
会場を後にしました。


そして、博多のネオン街に消えてゆくのでした。めでたしめでたし。

・・・ってなったら最高なんですが、残念ながら(!?)、店に帰って仕込みでした。



実際に使ってみたいアイテムが10ちょっとありましたんで、なかなかの収穫です。
あとは酒屋さんに相談です。


しかし、一番の収穫は、やっぱりバローロがよく解らない!というコトが分かったことでしょうか。
全部で10種類、全て試したんですけどねぇ・・・。それで解らんって!ねぇ?
嫌いとかではないし、美味しいとは思うんですが、なんかピンとこないんですね・・・。
まだまだ、若輩者のようですなぁ。 (´・ω・`)

※コレ↑は「勉強と称して、高いワインを飲んで悦に入る行為」とは違うのか?
という質問にはお答えいたしかねます。

試飲会(2012/02/17) [試飲会]

今回は、イタリア・トスカーナの生産者「サンジェルヴァジオ」のオーナー、
ルカ=トマジーニさんの来日記念テイスティング!ということで、行って参りました。

普段はやらないんですが、運よく貸切になったので、すかさず写真をお願いしてみました。

IMGP1974 (320x240).jpg

カッチョイイじゃないのッ。

ジョージ・クルー似ーだねぇ。 ( ̄m ̄*)

3年前はもっと似てたそうです。

IMGP1973 (320x240).jpg

さて、肝心のワインの話。アイテムは6種。

全部ウマいです。全部飲みました。2回ずつ。

これくらいの数なら、ヘッチャラです。 !Σ( ̄ロ ̄lll)

ちなみに、金曜日の営業前です。 !Σ( ̄ロ ̄lll)


生産者の生の声を聴きながらのテイスティングってのは・・・いいねッ。 ( ̄ー ̄)

「いいね!」ボタンがあったら、連打したいくらいです。


ハッキリ言って、全部欲しい!!

がッ、ゆのうえ国、実は厳しい財政難でして・・・ (´・ω・`)
涙を呑んで、1アイテムに絞らせていただきました。

近日入荷。乞うご期待。

試飲会(2011/09/21) [試飲会]

試飲会に行ってきました。
と言っても、もう2週間以上前の話ですが・・・。 (´・ω・`)
忘れてしまいそうなので、今のうちに書いときます。(すでに、だいぶ忘れてますけど・・・)

主催は、今最も勢いのある(とボクが勝手に定義している)インポーター「モトックス」。
総アイテム数154本。(何気に美味いオリーブオイルとミネラルウォーターは除く)
さすがに全部はムリなので、オススメを中心に良さげなヤツに狙いを定めて回ります。
モチロン、飲まずに吐き出します。プロのはしくれとして。

・・・フッ、それでも昔は、たとえ200種類でも、全部飲み込んでいたもんだが・・・。歳を取ったぜ・・・。

ま、それはさておき、
ブルゴーニュ、ニューワールド、ハンガリー、スペイン、イタリア、南仏、ボルドー。
と、だいたい50アイテムぐらいをテイスティング。

ウチでイケそうなヤツに目星をつけたところで、お楽しみの有料試飲コーナーへ。

「ま、眩しいッ!」 (>w<)
貧乏ソムリエには普段飲むことのできない高級ワインがナント4本も。
まーさーにッ・・・お宝! (☆▽☆)

グロ・フレール・エ・スールのエシェゾー’09
ブルーノ・ジャコーザのバルバレスコ・アジリ’05
トゥア・リータのシラー’07
ダル・フォルノ・ロマーノのアマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ’03

「すいません、上から順番にお願いします」 ( ̄m ̄*)

だって、全部飲んでみたいやんッ。

コレを楽しみに来たと言っても過言ではありません。
モチロン、全部飲みます。
このために、さっきまでガマンしてたんですからッ!

・・・つい、本音が出てしまったようです。 (´・ω・`)
さっきのプロのはしくれ発言が台無しであります。

ま、ともかく、エシェゾーもバルバレスコもトゥアリータも
もっと寝かしてから飲むべきものであることは間違いないんでしょうが、
うめーよ・・・マジで・・・。 (=´∇`=)

しかしッ!とび抜けてしびれたのが、アマローネ。
今まで、アマローネの良さがイマイチよく分からなかったんですが、
コレは、ヤバいです。うん、ヤバい。
なんか若者みたいですが・・・それしか言えねぇ。 (T△T)

概念変わりました。

ただし、ウチで取り扱うことは、まずありえません。 (´・ω・`)
だって、高ぇんだもん・・・。 (T△T)
上代4万2千円也。 !Σ( ̄ロ ̄lll)

そりゃ、うめぇわな。

いやぁ、でも、いい経験でした。ありがとうございます。
そして、またヨロシクお願いします、モトックスさん。



そんでもって、気になる「入荷予定ワインリスト」は・・・近日公開!・・・か?
試飲会 ブログトップ